異業種からの参入本格サポートできるプラットフォームをリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000025085.html

 

株式会社 日本新電力総合研究所(所在地:東京都千代田区/代表取締役:青井 宏憲)は、このたび、異業種からの電力事業参入をサポートする「新電力立上げ支援事業」を本格展開いたします。
  2016年4月に電力小売の全面自由化がスタートし、現在電力事業への参入企業は397社(※2)を超え、今後も参入する企業が増加することが予想されます。しかし、新電力の会社を立ち上げるには、経済産業省のライセンス取得やライセンス取得後に電力を供給するエリアの送配電事業者と供給契約を締結など立上げまでに様々なステップが必要になります。それらの手続きを専任スタッフが実際の契約に至るまでの書類一式や営業向けの研修、マニュアル提供、需給調整まで一気通貫の独自のサービスで全面サポートいたします。

これまでの全国50社(※3)超える企業の新電力立上げを実績として、異業種からの参入をスムーズに進行するだけではなく、新電力事業でエリア・業種『No.1』を目指す各事業会社とビジネスを共創すべく、今後は新サービスもリリースしていきます。

※1 日本地域電力推進機構調べ、2017年4月1日時点
※2 経済産業省資源エネルギー庁HPより、2017年3月30日時点
※3 2017年3月末時